結婚を控えた不安な気持ちは、二人で話し合うことで解決できることもあります

とことん話し合う

花嫁

不安を取り除いて前向きになる

マリッジブルーの原因と言うのは、一言では言い表すことができません。結婚準備における忙しさの中で、漠然とした不安感、そして結婚に対する期待などが入り混じり、結果的にうつ状態に陥ってしまうのです。最も多いマリッジブルーの原因は、漠然とした環境の変化に対する不安感にあると言われています。名前が変わったり、役所で手続きをしたり、そして結婚式の準備をする中で段々と不安が蓄積されていき、マリッジブルーに悩むようになってしまうのです。また、自分が選んだ結婚相手に対する感情が、不安となって顕在化することもあります。よくあるのが、本当にこの人と結婚してよいのだろうか、という心の揺れがマリッジブルーとなり、気分がうつになってしまうのです。マリッジブルーの多くが、一時的な気の迷いということもあります。しかしながら、それをそのままにしてよいというわけではありません。早めに気づいて、心療内科にかかるなどのできる限りの対処をすることで、不安を取り除き、前向きになれます。

マリッジブルーになってしまったときには、絶対に一人で悩みを抱え込まないことです。この気持ちを放置していると、抑うつ状態になったりして修復できなくなることもあります。大切なことは、パートナーととことん話し合うことです。結婚というのは二人三脚なので、一人の気持ちがついていかなければ、その後の結婚生活も上手く行かなくなってしまいます。現在どのような気持ちで過ごしていて、どんな悩みを抱えているのかを二人で話し合い、共有することです。たしかに、すぐに解決策を見出すことができないことも多いのが、マリッジブルーです。しかし、片方がうつの状態にあるのであれば、その気持を汲んで結婚式を延期したり、病院にかかるなどの対処ができるのです。他方で、パートナーに相談してみると、意外とちっぽけなことで悩んでいることに気が付き、結局何事もなく挙式の準備をすすめる事ができるというパターンもよくあることです。逆に、本当に心がついていかないのであれば、猶予をもらうことで考える時間を持てます。

カウンセリング

結婚式を控えた人に

マリッジブルーと言われるうつは、結婚式を間近に控えた人に出やすい症状と言われます。結婚生活に不安を感じた時に起きやすい症状で、取り越し苦労と言う人もいるくらいです。自分自身で解決出来、解決策をキチンと練ることが良い方法になります。
男女

男性も増えている

男性のマリッジブルーの対処法としては、一人にしてあげることで、冷却期間を置くことです。一人になってみると冷静に物事を考えることができるので、うつ状態が改善されて結婚に対して前向きになることができる場合もあります。
医者

将来への不安を解消

結婚式を控えて気分が抑うつ状態になることを、マリッジブルーといいます。これは女性だけでなく、男性も最近では増えています。対処方法は、カウンセリングで悩みを吐露したり、結婚自体を一旦は延期してしまうことです。
女性

幸せなのに心が病んでいる

婚約中に、女性が陥りやすいのがマリッジブルーという心の不安定化した病です。しかし、医師やパートナーなどの支援により、比較的、早く回復できるのも事実ですが、うつに陥らないように、心をリフレッシュさせることが求められています。
割れたハート

結婚前の気分の落ち込み

マリッジブルーは、初期的なうつ症状です。結婚を前にどうしても気分が優れなければ、冷静になって心療内科にかかることです。その後、パートナーと相談した上で、挙式を延期したり、ひとまずキャンセルするなど対処法を選ぶことです。

Copyright© 2019 結婚を控えた不安な気持ちは、二人で話し合うことで解決できることもあります All Rights Reserved.