結婚式を控えた人に|結婚を控えた不安な気持ちは、二人で話し合うことで解決できることもあります

結婚を控えた不安な気持ちは、二人で話し合うことで解決できることもあります

結婚式を控えた人に

カウンセリング

結婚生活に不安を感じることで起こる症状

結婚式を間近に控える時にかかってしまう病気が、マリッジブルーと言われるうつ病があります。特に女性に表れることが多いとされる症状でしたが、男性もこのマリッジブルーにかかる人も出て来ています。新しい環境になる不安と言う場合があれば、結婚を選んでしまった後悔などから起こる症状で、誰にでも起こる病気と考えられます。女性が多いと言うことには結婚を受け身としてしまい、プロポーズを一方的に受けてしまい、断ることが出来ないなどの理由もあるようです。また結婚式が近くになるにつれて、心が軽やかになることが一般的なことですが、その反対に気持ちが落ち込んでしまい、笑顔も出なくなってしまうと言う症状が出てしまい周囲に心配をかけることもあり、その症状は様々な形で出て来ることになります。結婚に自信のない人がかかりやすいと言われ、主婦業が上手く出来るのか、子育ては出来るのか、先方の親とか親戚と上手く付き合うことが出来るのかと言ったことが、うつ病であるマリッジブルーにさせる要因となっていると言われます。

マリッジブルーと言ううつ症状は、比較的短い期間で発症することが多く、結婚式間近になって起こることが多くなります。ですが無事に式を終えて家庭生活に入ってしまい、その後は自然と解消に至ったと言う人もあり、治りにくいうつ病ではないと考えられます。新しく家庭を持つ不安から起こるマリッジブルー症状は、自分の力でも解消出来ることが多くあります。まず何が不安な原因なのかをハッキリさせることが重要です。家族関係、収入、自分自身の性格など、いろいろな要素が考えられますが、問題を提起して解決方を考えることがあります。収入が心配と言う時には、収入がいくらあれば生活が楽になるのか、二人で働くことで問題は解消出来ないのか、どんな働き方をすれば収入が安定するのかが判ることで、対策を練ることが出来るはずです。考えられる問題を自分自身で解決出来ないものがあった時には、婚約者に素直に相談することが良い方法になります。悲壮感を出すことなく軽い気持ちで相談を持ち掛けることで、婚約者も負担を感じることなく請け合ってくれるはずです。

Copyright© 2019 結婚を控えた不安な気持ちは、二人で話し合うことで解決できることもあります All Rights Reserved.