将来への不安を解消|結婚を控えた不安な気持ちは、二人で話し合うことで解決できることもあります

結婚を控えた不安な気持ちは、二人で話し合うことで解決できることもあります

将来への不安を解消

医者

悩みから離れてよく考えること

マリッジブルーは抑うつ状態との共通点が見られます。そのため、結婚を控えて気分が沈むようなことがあれば、心療内科でカウンセリングを受けることが良い方向に解決することに繋がります。鬱々とした気持ちのまま結婚式を迎えても、良いことはありません。ほとんどのマリッジブルーの場合は、将来に対する一時的な不安感から心理状況に影をもたらしてしまいます。そこで、心療内科で医師のカウンセリングを受けるだけでも、自分の置かれた状況を客観的に俯瞰することができるようになるのです。結婚は人生において一大イベントです。楽しいことも多いですが、これから二人で人生を歩んでいかなければならないということに対しては、不安を覚える人も少なくありません。マリッジブルーという一時的な抑うつ状態は特別なものではなく、誰にでもなりうることです。そのため、誰かに悩みを聞いてもらうだけでも、漠然とした不安感を払拭することができます。まずは、心療内科へ足を運び、カウンセリングを受けましょう。

結婚が決まると、その準備などで慌ただしい日々を送ることになります。その家庭の中で、急速な環境の変化に心がついていけなくなり、マリッジブルーになってしまうことがあります。幸せなはずなのに、心が不安でいっぱいの状態で、気持ちが結婚についていけなくなってしまうのです。もともと女性の方が結婚を目前に控えて抑うつ状態に陥りやすいとされてきましたが、最近では男性でもマリッジブルーになるケースが増加していると言われています。対処方法は心療内科にかかること、または、少し結婚から離れて趣味や自分の好きなことに没頭してみることが効果的であると言われています。もし、結婚を控えて抑うつの症状がひどい場合には、結婚を延期するという決断も考えてみることです。もちろん、勝手に結婚式場をキャンセルするのではなく、状況をパートナーに説明し、相手の理解を得た上で一旦は結婚の延期を決断するのです。結婚式の延期というのは結構よくあることなので、それほど深刻に考える必要はないのです。

Copyright© 2019 結婚を控えた不安な気持ちは、二人で話し合うことで解決できることもあります All Rights Reserved.